Close

なぜこのウェブサイト?

何年もの間、私は「アトリエCC」と呼ぶスペースを夢見てきました。このスペースでは、プロと個人の両方のプレスブックのように、すべての活動が凝縮されます。最初から2つが完全に絡み合っているからです。

また、コラボレーションしたすべての人や場所に敬意を表したいと思いました。

最後に、芸術、美学、文化、読書、音楽、ダンス、旅行、異国情緒、好奇心、開放性、他者の発見、海外での生活など、私を養うことを決してやめないこれらすべてのものの本質的な存在なしに生きることを想像できなかったからです。など…ここで共有したかった。

それで、あなたはそれを持っています、疑い、落とし穴または先延ばしなしではなく、数年の試みの後、それは終わりました、私のウェブサイトはついにここにあります!

生活と仕事をとても楽しんでいる6カ国で私が喜んで出会ったすべてのアーティスト、協力者、機関、場所、パートナー、家族、友人、そしてここでは名前を挙げられなかった他のすべての人に感謝します。誰がお互いを認識してくれることを願っています。

1970年10月27日、フランス国籍のパリで生まれ、英語、日本語(Maîtrise、LCAO Jussieu Paris 7)、美術史(Maîtrise、Sorbonne Paris 1)を卒業し、1996年にフランスを離れて日本に住み、仕事をしました。私は、人生の半分を養ってきた海外駐在の経験を通して、クメール語、韓国語、ポルトガル語などの外国語を学ぶことを常に追求してきました。

25年以上にわたり、独立したキュレーターとして、私が住んでいたさまざまな国、フランス、日本、カンボジア、韓国、北、スイス、モザンビークでアーティスト、写真家、画家の展覧会を数多く開催してきました。 、ギャラリー(JavaCreativeCafé、MaputoaPé、Machamba Criativa)、美術館(Guimet Museum、ElyséeMuseum)、文化センター(東京、京都、福岡のフランス研究所、Center Culturel Franco-Mozambicain、FundaçaoFernandoLeite Couto、16)とのコラボレーションネト)とフェスティバル(アンコールフォトフェスティバル、ラングーンフォトフェスティバル、オートムネデラカルチャーデュジャポンアジュネーブ、京都グラフィエ、マプト早送り、ヌクフォトフェスティバルガーナ、ワールドプレスフォト)。私は2009年から2015年までGillesCaronFoundationのメンバーでもありました。

同時に、1998年から2008年にかけて、フリーランスの文化ジャーナリストとして、国内外の報道機関でさまざまなタイトルに携わりました(France Japon Eco、Les Voix、Jipango、Kateigaho International Edition、Cambodge Soir、AFP、Guide Louis Vuittonなど)だけでなく、他のメディア(ラジオフランス文化、テレビフランス5)でも、東京のフランス文化センターでメディアとジャーナリズムについて教えました。

私は文化イベントの調整にも参加しました(ワールドカップジャパン-2002年にナントのシテデコングレのために韓国)、私はマプトのフランスの学校の理事会のメンバーでした-リセグスタフエッフェル、コミュニケーションに関与しました、2014年から2019年までのイベント委員会のマーケティング、ロジスティクス、コーディネータ。